正中線は避けられない

妊娠中に肌が乾燥していると、肉割や妊娠線が残ると聞いていました。 その為妊娠が分かってから、すぐに保湿対策を行いはじめました。お腹や太ももやおしりは、特に念入りにケアを行いました。1日でも開けると、その時に肉割や妊娠線ができると聞いたので、どんなに眠くても毎日かかさずケアしました。出産前日に入院している時まで、ケアし続けました(笑)

また良いと言われているクリームを試したり、かなり潤うボディオイル等も試しました。その甲斐あってか、妊娠して10キロ太ったので心配でしたが、肉割も妊娠線も全くできませんでした。しかし、あんなに対策を行いましたが、正中線はできてしまいました。

調べると、正中線はみんな必ずできてしまうものとのことでした。確かにママさん仲間に聞いても、みんなできたと言っていました。私の正中線は、真っ直ぐならまだ良いのですが、途中うねったり、曲がったりしていて、見栄えもよくありません。みんなできるものだとは言え、こんな状態の線を放っておくわけにいきません!!

ということで、出産し退院後、すぐに正中線対策を始めました。肌は1ヶ月ほどで生まれ変わると聞いたので、根気よく対策を続ければ必ずうすくなると自分に言い聞かせました。やっていることは、肉割や妊娠線対策と同じです。徹底的な保湿です!

更に、湯船に入るようにしています。これで代謝がよくなるかなと思った為です。今は出産後2ヶ月を経過しましたが、ずいぶん薄くなってきました。上から半分はほぼなくなりました。正中線に悩んでいる人には、乾燥対策をオススメします。

正中線を消したい!クリームのおすすめはこちら

まつ毛が抜ける原因は?

年を重ねていきなんとなく、まつ毛が抜ける量が増えているな気がします。
気のせいなのかなと思っていましたが、家族から、「またまつ毛抜けてるよ。
何かあるんじゃないの?」と心配されてしまいました。

なんで抜けるのかな?と思い調べてみました。
まつ毛は、一日に数本抜けるとのこと。
数本以上ということは、何か原因があるようでした。

私の心当たりがあったものをいくつか挙げます。
・メイク落としが不十分
・まつ毛を触る癖
・睡眠不足
・目薬をきちんと拭いていない
・ストレス

他にもいろんな理由があるようですが、改めて原因となる項目を見ていたら、結構当てはまっているなと感じました。
メイク落としはかなり丁寧にやっていると思うのですが、たまにいい加減にやってしまうこともあります。
やはりアイメイクは十分に落とせていないことの方が多いようなので、しっかりと落とすように心がけたいと思います。

まつ毛がよく抜けるなと感じるようになってから、自然にまつ毛を触るようになってしまっていました。
抜けていないか気になって触ることもありました。
これは癖になっていたので、気を付けてなるべく触らないようにしたいと思います。

あと、目薬もよくさすのですが、これもまつ毛にとっては抜ける原因になることがあると知りませんでした。
目薬をさした後、ティッシュで拭うのですが、まつ毛のことを意識してはいませんでした。
まつ毛の生え際についたままは良くないようですね。

原因がいろいろとあるということが分かりましたし、とにかく目の周りは十分気を付けないといけないということが改めてわかりました。
綺麗なまつ毛を保ちたいので、日々気を付けて過ごしていきたいと思います!

アイクリーム|たるみにも効果アリの口コミNo.1は…

目元トントンすればしわ知らずの目に

35歳を過ぎるともう5年もすれば40歳か…と自然に思い始めます。
鏡で見た顔が以前よりも年をとったなあと思うようになってきます。
1番はしわが分かるようになります。
それも目尻のしわが気になり、これがどんどんくっきりはっきりしてくるのかなと思うと、今対処しておかないといけないと思うようになりました。

しわは乾燥からだと聞いたことがありますので、まずは化粧水をたっぷりつけるようにしました。
夜はコットンに多く化粧水を染み込ませて、目尻から目の下にかけて貼るようにしました。
2分ぐらい経過すると指の腹で軽くトントンと優しく叩きます。染み込むように丁寧にやります。

その後、5分ぐらい経過するとコットンを外して美容液を目尻から目の下へ塗り込むようにしました。
寝る前には、ニベアを少量塗ります。そして、朝になり洗顔が終わり化粧水をつけて指の腹で直接トントンと叩きます。
朝は忙しいので簡単にしかできませんが、目尻から目の下にかけて化粧水を集中的に塗り込む感じでやります。

これを毎日毎日丁寧に行ない、気がついたら目尻のしわがなくなっていました。時期によっては乾燥がひどいのでこの方法を1年中やり続けます。
しわがなくなった自分の顔が嬉しくてずっと続けると、自然と目のくまもできません。
仕事上寝るのが遅かったりしますが、くまはできずこの効果が出ているような気がします。
これからも、続けていき40歳になってもしわ知らずな目元となるようにしたいです。

アイクリームの効果はいかに?くまも消える?

妊娠中のボディケアは大事です

出産前後で起こりうる皮膚トラブルについて、気になることと言えば妊娠線だと思います。妊娠線は一旦できると産後も消えないと言われていて、できないようケアすることが大切です。

妊娠線は妊娠の経過と共に母体の皮膚が広がり断裂層となって現れるもので、腕や太もも、お尻や胸にもできますが、特にお腹にでやすいものです。赤ちゃんの成長と共にお腹も膨れるので、皮膚が広がり延びきれずに裂けると考えれば納得できます。私も妊娠時に妊娠線を作らないようにケアしていました。ケアといっても、クリームを塗る程度ですが、そのお陰か初産でしたが妊娠線はできませんでした。初めは妊娠前より使用していた一般的なボディクリームを使っていましたが、妊娠中期頃より徐々にお腹も大きくなっていたので、低コストで抑えたかったので色々調べて無印良品のスウィートアーモンドオイルを使用しました。よく聞く妊娠予防線クリームは、300mlで8000円くらいし、高価なものが多いです。それに比べこちらは200mlで2000円程度と専用クリームに比べ効果は劣るかもしれませんが、安価なのが決め手となりました。普段オイルはべとつくのが気になり使用していませんでしたが、このオイルはさらっとしており肌にすぐ浸透していきました。安いのでたっぷり使っても罪悪感のないところもよかったです。私は朝晩2回、お腹をメインにオイルを塗り、妊娠線の予防を行いました。

友人は妊娠線予防クリームを塗っていたにもかかわらず、臨月期に急激にお腹が大きくなったのか、一晩で妊娠線ができたと言っていました。ケアしていても絶対できないとは言えませんが、やらないよりはやることをおすすめします。

妊娠線クリームを使いたいけど、敏感肌でも大丈夫かな?

脇のムダ毛処理にとても困っていました

私が今までムダ毛の関して一番困っていた部位といえば脇の下です。脇の下のムダ毛が生えてくる度にとても嫌な思いをしてきました。男の人は処理しなくても良いのに女の人はきちんと処理しておかなければなりません。とても大変な思いをして処理をしているのに、またすぐに毛が生えてきてしまうことに自分自身とてもストレスを感じていました。

私が脇のムダ毛に悩むようになったのは中学生の頃です。この頃に脇のムダ毛が生えてくるようになって、日々処理をするようになりました。制服から脇の下が見えてしまうことがどうしてもあるので、暖かい季節や暑い季節の処理は絶対に欠かすことが出来ませんでした。しかしあまりにも頻繁に処理しなければならないので、すごく手間に感じていました。

毛の処理をしていて困ったことはいくつかありました。処理が頻繁だということの他に、処理をしていて肌が黒っぽいような色になってしまったことです。他の部位に比べるとお肌の色がくすんだような色になってしまい、清潔感のあるような色とは程遠い色になってしまいました。しかしムダ毛の処理をしないわけにはいかないのでずっとカミソリで処理をし続けていました。

大人になってから、ようやく脱毛サロンの存在を知り、そこで脱毛を行いました。私が行っていたカミソリによる処理というのは思った以上にお肌に負担を掛けていることを知り、それがお肌の黒ずみにつながっていたことを知りました。

なので脱毛サロンで脱毛して良かったです。かなりお肌が黒ずんでいたので、脱毛出来たと同時にお肌に負担をかけることを避けられたと思います。

二の腕のブツブツは脱毛で改善するの??

プロに脱毛してもらうには毛周期をまず考えて

ムダ毛に悩んでいる女性は多いものです。特に女性の場合、水着やノースリーブの服を着ることが多い夏場は、ムダ毛処理に追われることが多くなります。自分でその都度処理するのではなく、プロの手で永久脱毛をしたいという人も、かなりいることでしょう。

しかしその場合は、もちろん経費がかかりますし、時間もかかります。お金がかかるのはわかるけれど、時間もかかるのかということで、ちょっと戸惑う人もいるかもしれません。なぜ時間がかかるのか、それは毛周期に合わせるためです。この毛周期というのは、体毛が生え変わる一定のサイクルのことをいいます。

体毛には抜けてから新しく生え、成長して行くまでのサイクルがあり、脱毛は成長期にある体毛がターゲットになるからです。しかしすべての体毛が成長期にあるわけではないので、時期をずらして、少しずつ脱毛して行く必要があります。

この毛周期は、部位によっても異なりますが、普通は2か月から3か月かかります。そして脱毛は、最低でも6回は通うところが多いので、すべての脱毛が終わるには1年はかかると考えておきましょう。そのため、来年の夏までに脱毛を終わらせたい場合は、その年の夏ごろまでには脱毛を始めておくようにするといいでしょう。

また脱毛の途中に、時々毛が数本生えて来てしまうことがあります。つい抜きたくなりますが、これも毛周期に影響が出ますので、絶対に抜いてはいけません。もしどうしても気になるようであれば、抜かずに切るようにしましょう。

アリシアとリゼを比較してみて、キャンセルペナルティなどが優しいのはどっち??

足のムダ毛で恥ずかしい思いをした

ムダ毛と言うと、一般的に脇を処理することが多いです。それは見られてしまうと恥かしいと思うので、エチケットして行うことにしています。また顔のムダ毛についても、とても気になりますね。毎日鏡を見て、チェックをしているのですがとんでもないところに生えていることもあり、びっくりすることがあります。それは多分、前回の処理の時に処理をし残していることを気づかずにいたことにより結果だと思っています。処理をして満足をせずに、きちんと確認をすることがたいせつですね。

そんな時、足のムダ毛についてはそんなに意識をしていないところがありました。そのためあまり処理をしていなかったのです。その結果、出張にいった時にとても恥ずかしい思いをすることになったのです。

それは、電車に乗った時でした。その出張の時には、肌色のストッキングを履くことにしているので、その時もその色のストッキングを履いていたのです。

そしてふと足元をみた時に、冷や汗が出てしまいました。それは、凄いムダ毛が目立っていたからです。普段は、タイツなどを履くことが多いので、全く足のムダ毛について処理をしていませんでした。ところが肌色ストッキングで見事に、剛毛を見せてしまったのです。

その後は、足を隠すことに必死となり、どんな経路で行ったのか記憶がありません。ホテルについた時に、黒いストッキングを買ってその場をしのいでものの、恥ずかしさはマックスで恥ずかしい思いをしたことでした。

銀座カラーとキレイモを比較してみよう♪料金やサービスの違いは?

赤みのあるニキビ跡が残ってしまった時の正しい対処法

ニキビができると皮膚がダメージを受けるので、ダメージを修復するために毛細血管へ流れる血液量が増加します。
また、顔の皮膚は元々他の部位の皮膚より薄いですし、ニキビができるとダメージを受けるので皮膚はさらに薄くなります。
そのため、ニキビができると毛細血管の赤身が透けて見えるようになりますが、これが赤みのあるニキビ跡の主な原因となります。

ニキビ跡には赤みのあるニキビ跡、茶色いシミが残るニキビ跡、凸凹が残るニキビ跡の3種類がありますが、赤みのあるニキビ跡なら何もしなくても自然に治ってしまうことがあります。
しかし、赤みのあるニキビ跡を放置していると炎症が悪化し、シミになってしまうこともあります。
そのため、赤みのあるニキビ跡が残ってしまったら以下のような正しいスキンケアを行い、素早く治すことが大切です。

赤みのあるニキビ跡を素早く治すにはいかに炎症を抑え、肌のターンオーバーを促進するかが重要なポイントになります。
そのため、まずは抗炎症成分が配合されているスキンケア商品を使って炎症を抑える必要がありますが、肌はダメージを受けると固くなるので、抗炎症成分が肌に浸透しにくくなります。
そのため、スキンケア商品は抗炎症成分だけでなく、保湿成分が含まれているものを選ぶことが大切です。
なぜなら、肌は保湿されると柔らかくなるので、抗炎症成分が浸透しやすくなるからです。

肌のターンオーバーを促進するには肌のターンオーバーを促進させる効果があるスキンケア商品を使うことも大切ですが、食事や睡眠などの生活習慣を見直すことも大切です。
食事ではビタミンAやビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6などを多く含む食品を積極的に摂取すると良いですが、食事だけでは十分な量を摂取できないという人はサプリメントを利用すると良いです。
また、肌のターンオーバーは睡眠中に行われるので、成長ホルモンの分泌が多くなる22:00~2:00の間になるべく睡眠をとるようにすることが大切です。

【しつこいニキビ跡・クレーターに!】おすすめ化粧水で美白ケア★

眉毛の脱毛は浴室で行うのが良い

眉毛の余分なところって脱毛したくなります。眉毛が濃くしっかりしているのでまぶたのほうにも産毛状の眉毛が少し生えています。産毛状でも黒々とした眉毛がまばらに生えている様子がかっこわるくて脱毛しています。

脱毛する場所は決めていませんでした。洗面所でメイクチェックをしている最中に気になるところがあればその場で抜いていましたし、何気なく鏡を見ているときに余分な眉毛を見つけると毛抜きを持ってきてピッピと脱毛していました。

他にも、出かけた先の洗面所で顔をチェックしているときに変なところにある眉毛を見つけて思わず爪で挟んで引き抜いたことも・・・。そのほかにも車の中で人を待っているとき、眉尻にぼさぼさと生えているむだ毛が気になってその時も爪を使って余分な眉毛を引き抜きました。

余分な眉毛は数本抜けばスッキリしますが、そのあと炎症を起こすことがあるので要注意です。眉毛を抜く場所で1番良いところは浴室だと思っています。浴室で眉毛の手入れをすると脱毛したあとすぐきれいなお湯で洗い流せるので衛生的だからです。

洗面所でもきれいな水で脱毛した箇所を清潔にできますがメイクをしているとダメですね・・・。顔を洗えないし、アイメイクをしているときに眉毛を抜くとあとで化膿しやすいです。化膿してしまったところが小さなシミになってしまって今もひとつ残っています。

眉毛の脱毛は念には念を入れて浴室で行うのが1番安心できるし私は気に入っていますよ。

脱毛サロンのキャンペーンをはしごしていろんなパーツの脱毛をお得にやろう♪

脱毛、あまり神経質にならないで

50前になると、体毛が薄くなるので無駄毛も減ります。20代の頃、体毛が気になると言って、全身脱毛をしたり、しきりに脱毛剤で足や手の脱毛をしている友人がいました。その時に、50前の友人が、年を取ると体毛は少なくなるから、そんなに神経質にはならなくていいよと言ってくれる人がいたので、私は人並みに脱毛をしていただけでした。

そして、いつの間にか私も50前に。彼女が言っていた通りに。それでもズボラにはなりたくないので、足や腕の毛をカミソリで剃っています。冬に素足を出さない時でも、ダラダラするのはダメ。いつでも綺麗にしていたいと思っています。カミソリを入れた後は、お気に入りの柑橘系の香りのするボディクリームを塗って仕上げを。若くないからこそ、自分の体を大切にしたいと思っています。

若い方は、過剰に脱毛をしているなと思う時があります。脱毛剤を使う場合はいいのですが、毛抜きで一本ずつ抜く時があると聞きました。その方が肌が綺麗に見えるからと。聞いただけで、しんどくなります。体が悲鳴をあげている感じです。

私は、若い頃からカミソリを使っていますが、向う脛の毛は、カミソリを入れたばっかりに毛質が太くなってしまい、絶対に処理しなければ恥ずかしいぐらいひどくなりました。

友人が剃っているのを見て、なんだか楽しそうだなと、何も考えずに軽い気持ちでカミソリを入れたのが間違いでした。外国人の友人は、絶対にカミソリは使わないと言っている人がいました。顔の毛も脱毛剤を使うと。今となっては、どちらが良かったのかわかりませんが、無駄毛の悩みはずっとは続かないことは確かです。

月謝制の脱毛サロンなら毎月安い料金で脱毛ができる