脱毛、あまり神経質にならないで

50前になると、体毛が薄くなるので無駄毛も減ります。20代の頃、体毛が気になると言って、全身脱毛をしたり、しきりに脱毛剤で足や手の脱毛をしている友人がいました。その時に、50前の友人が、年を取ると体毛は少なくなるから、そんなに神経質にはならなくていいよと言ってくれる人がいたので、私は人並みに脱毛をしていただけでした。

そして、いつの間にか私も50前に。彼女が言っていた通りに。それでもズボラにはなりたくないので、足や腕の毛をカミソリで剃っています。冬に素足を出さない時でも、ダラダラするのはダメ。いつでも綺麗にしていたいと思っています。カミソリを入れた後は、お気に入りの柑橘系の香りのするボディクリームを塗って仕上げを。若くないからこそ、自分の体を大切にしたいと思っています。

若い方は、過剰に脱毛をしているなと思う時があります。脱毛剤を使う場合はいいのですが、毛抜きで一本ずつ抜く時があると聞きました。その方が肌が綺麗に見えるからと。聞いただけで、しんどくなります。体が悲鳴をあげている感じです。

私は、若い頃からカミソリを使っていますが、向う脛の毛は、カミソリを入れたばっかりに毛質が太くなってしまい、絶対に処理しなければ恥ずかしいぐらいひどくなりました。

友人が剃っているのを見て、なんだか楽しそうだなと、何も考えずに軽い気持ちでカミソリを入れたのが間違いでした。外国人の友人は、絶対にカミソリは使わないと言っている人がいました。顔の毛も脱毛剤を使うと。今となっては、どちらが良かったのかわかりませんが、無駄毛の悩みはずっとは続かないことは確かです。

月謝制の脱毛サロンなら毎月安い料金で脱毛ができる

たまにつけまつげを使ったら・・・

フルメイクをしたときにつけまつげをつけました。
つけまつげなんて普段のメイクでは使わないから緊張しましたがなんとかつけることができたんです。
できあがった顔を見るとちょっとやりすぎかな・・・という感じに見えたんですが、それでも改まった場所へ行く必要があったのでそのメイクで意気揚々と出かけたのです。

つけまつげをつけただけでもこんなに顔の雰囲気が変わるんだ・・・と嬉しかったのですが、時間が経つにつれてつけまつげが重く感じてきて・・・。
つけまつげを使い慣れているならまだしも、私の場合は普段はつけまつげは使っていなかっただけに次第につけまつげの重さに違和感を感じるようになりました。

それでも出先でつけまつげを取ることもできずなんとかそのままの状態で帰宅しましたが、帰宅して真っ先につけまつげを取りましたよ。
メイクを取る前にはつけまつげを取らないといけないので真っ先につけまつげを取りましたが、目頭から取り外してしまって自まつげが数本抜けてしまいました。

つけまつげって取るときは目尻側から取った方が良いみたいですね・・・。

やはり普段使っていないからどう取り外していいか分からないし、糊の量もすごく適当だったので、べったりくっついているところとくっついていないところがありいろいろ勉強になりました。

また改まった席へ行くときはつけまつげを使うかもしれませんが、次は使う糊の量も一定にして取り外しもスムーズに行いたいです。

まつ毛のボリュームアップ!美容液

歯の汚れ応急クリーニングの方法

日々の暮らしに定番の飲み物であるコーヒー、紅茶、お茶の類は、毎日飲んでいるとやがて歯に茶渋などの汚れが付着してきます。また、赤ワインも歯の汚れの原因になるとして知られているもののひとつです。きちんと日々の歯磨きをしていても、歯の表面にある細かいスジに茶色いシミが目に付くようになり、不潔な感じに見えてしまうのは隠せません。

歯科医師のアドバイスによると、歯磨きをした直後にこれら色素の強い飲料を飲むのは避けたほうがいいそうです。けれど、いくら丁寧に歯を磨いたところで徐々に汚れは蓄積し、消すことも出来ないのでやっかいです。検診のついでに歯科でクリーニングをしてもらうことになります。歯科での歯のクリーニングは軽い刺激がありますが、汚れはきれいに取れます。

覚えておきたい点は、クリーニングはホワイトニングではありませんので、歯自体が白くなるわけではありません。あくまで「汚れ取り」であることを認識しましょう。口を開けるたびに人目につくので歯に付いた茶渋は取りたいけれども、そのためだけに歯医者に行くのは面倒というのも分かります。実は、そんなときの応急処置があります。

普段、耳掃除などに使っている普通の綿棒に歯磨きをじかに付けて歯の表面の汚れをこすると、きれいに取れるのです。綿棒は柔らかいので、歯と歯の間に入った汚れも綿棒の繊維が入り込んで取り除いてくれます。汚れが小さいうちに行うことで、簡単に汚れのない歯を保つことが出来ます。ただし、歯の表面を物理的に研磨することになるので、あくまで応急処置にとどめ、基本的には歯科でクリーニングを受けるのがよいでしょう。歯科では超音波で汚れを落としているので、歯が削られることはないからです。

ホワイトニングしながら口臭予防もできる|すっきり爽快な歯磨き粉

ニキビケアで効果があった私がやってたこと

ニキビケアを20代頃から本格的に始めるようになりましたが、実際ニキビに悩まされてたのは10代前半頃からでした。
その頃はケアするという気持ちはあまりなく、むしろそのうち治るくらいの気持ちで気にしてませんでした。
20代頃から始めたニキビケアは有名なニキビ薬品を使用してました。

徐々に治っていくのを喜びながらケアしていたんですけれど、就職や何だと色々忙しくなり生活習慣は乱れて、やっと就職した職場ではストレスがどんどん溜まるような環境になりニキビはまた徐々にできるようになってたんです。
せっかく治ったところからまたできるニキビを見て薬品では治せそうにないなと考えるようになり使わなくなったんです。

その頃は忙しいということもあり何かと時間が無くニキビは酷さを増すばかりでしたけれど、食生活の乱れを直すにしてもストレスから来る食欲は止めることができませんでしたので半ば治すのを諦めてたんです。
でも人前ではやはりニキビが気になり何とかしなければとまた薬品を使うようになりました。

そしてそのときはそれだけではなくサプリやオスとオリゴ糖の混ぜた飲み物やブロッコリーやタマネギのスライスしたのを水につけてるのを食したりしつつ運動も仕事終わりに走って返ることを繰り返してみたんです。
思った以上に効果があったんですけど、まさかちょっとしたことでニキビの改善に繋がるなんて驚きも隠せませんでしたが、それらは今も健康上良いことですので続けています。

まつげ育毛剤の人気口コミ1位は?