妊娠中のボディケアは大事です

出産前後で起こりうる皮膚トラブルについて、気になることと言えば妊娠線だと思います。妊娠線は一旦できると産後も消えないと言われていて、できないようケアすることが大切です。

妊娠線は妊娠の経過と共に母体の皮膚が広がり断裂層となって現れるもので、腕や太もも、お尻や胸にもできますが、特にお腹にでやすいものです。赤ちゃんの成長と共にお腹も膨れるので、皮膚が広がり延びきれずに裂けると考えれば納得できます。私も妊娠時に妊娠線を作らないようにケアしていました。ケアといっても、クリームを塗る程度ですが、そのお陰か初産でしたが妊娠線はできませんでした。初めは妊娠前より使用していた一般的なボディクリームを使っていましたが、妊娠中期頃より徐々にお腹も大きくなっていたので、低コストで抑えたかったので色々調べて無印良品のスウィートアーモンドオイルを使用しました。よく聞く妊娠予防線クリームは、300mlで8000円くらいし、高価なものが多いです。それに比べこちらは200mlで2000円程度と専用クリームに比べ効果は劣るかもしれませんが、安価なのが決め手となりました。普段オイルはべとつくのが気になり使用していませんでしたが、このオイルはさらっとしており肌にすぐ浸透していきました。安いのでたっぷり使っても罪悪感のないところもよかったです。私は朝晩2回、お腹をメインにオイルを塗り、妊娠線の予防を行いました。

友人は妊娠線予防クリームを塗っていたにもかかわらず、臨月期に急激にお腹が大きくなったのか、一晩で妊娠線ができたと言っていました。ケアしていても絶対できないとは言えませんが、やらないよりはやることをおすすめします。

妊娠線クリームを使いたいけど、敏感肌でも大丈夫かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です