赤みのあるニキビ跡が残ってしまった時の正しい対処法

ニキビができると皮膚がダメージを受けるので、ダメージを修復するために毛細血管へ流れる血液量が増加します。
また、顔の皮膚は元々他の部位の皮膚より薄いですし、ニキビができるとダメージを受けるので皮膚はさらに薄くなります。
そのため、ニキビができると毛細血管の赤身が透けて見えるようになりますが、これが赤みのあるニキビ跡の主な原因となります。

ニキビ跡には赤みのあるニキビ跡、茶色いシミが残るニキビ跡、凸凹が残るニキビ跡の3種類がありますが、赤みのあるニキビ跡なら何もしなくても自然に治ってしまうことがあります。
しかし、赤みのあるニキビ跡を放置していると炎症が悪化し、シミになってしまうこともあります。
そのため、赤みのあるニキビ跡が残ってしまったら以下のような正しいスキンケアを行い、素早く治すことが大切です。

赤みのあるニキビ跡を素早く治すにはいかに炎症を抑え、肌のターンオーバーを促進するかが重要なポイントになります。
そのため、まずは抗炎症成分が配合されているスキンケア商品を使って炎症を抑える必要がありますが、肌はダメージを受けると固くなるので、抗炎症成分が肌に浸透しにくくなります。
そのため、スキンケア商品は抗炎症成分だけでなく、保湿成分が含まれているものを選ぶことが大切です。
なぜなら、肌は保湿されると柔らかくなるので、抗炎症成分が浸透しやすくなるからです。

肌のターンオーバーを促進するには肌のターンオーバーを促進させる効果があるスキンケア商品を使うことも大切ですが、食事や睡眠などの生活習慣を見直すことも大切です。
食事ではビタミンAやビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6などを多く含む食品を積極的に摂取すると良いですが、食事だけでは十分な量を摂取できないという人はサプリメントを利用すると良いです。
また、肌のターンオーバーは睡眠中に行われるので、成長ホルモンの分泌が多くなる22:00~2:00の間になるべく睡眠をとるようにすることが大切です。

【しつこいニキビ跡・クレーターに!】おすすめ化粧水で美白ケア★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です