歯の汚れ応急クリーニングの方法

日々の暮らしに定番の飲み物であるコーヒー、紅茶、お茶の類は、毎日飲んでいるとやがて歯に茶渋などの汚れが付着してきます。また、赤ワインも歯の汚れの原因になるとして知られているもののひとつです。きちんと日々の歯磨きをしていても、歯の表面にある細かいスジに茶色いシミが目に付くようになり、不潔な感じに見えてしまうのは隠せません。

歯科医師のアドバイスによると、歯磨きをした直後にこれら色素の強い飲料を飲むのは避けたほうがいいそうです。けれど、いくら丁寧に歯を磨いたところで徐々に汚れは蓄積し、消すことも出来ないのでやっかいです。検診のついでに歯科でクリーニングをしてもらうことになります。歯科での歯のクリーニングは軽い刺激がありますが、汚れはきれいに取れます。

覚えておきたい点は、クリーニングはホワイトニングではありませんので、歯自体が白くなるわけではありません。あくまで「汚れ取り」であることを認識しましょう。口を開けるたびに人目につくので歯に付いた茶渋は取りたいけれども、そのためだけに歯医者に行くのは面倒というのも分かります。実は、そんなときの応急処置があります。

普段、耳掃除などに使っている普通の綿棒に歯磨きをじかに付けて歯の表面の汚れをこすると、きれいに取れるのです。綿棒は柔らかいので、歯と歯の間に入った汚れも綿棒の繊維が入り込んで取り除いてくれます。汚れが小さいうちに行うことで、簡単に汚れのない歯を保つことが出来ます。ただし、歯の表面を物理的に研磨することになるので、あくまで応急処置にとどめ、基本的には歯科でクリーニングを受けるのがよいでしょう。歯科では超音波で汚れを落としているので、歯が削られることはないからです。

ホワイトニングしながら口臭予防もできる|すっきり爽快な歯磨き粉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です